2017年05月04日

無鄰菴 新緑ライトアップ2017 にお邪魔しました!

NARU2017 (5 - 10).jpgNARU2017 (4 - 10).jpgNARU2017 (10 - 10).jpg



ゴールデンウィーク、京都タワーの下のSANDOも大賑わいですが、
少し足を延ばして(といっても市内ですが)
無鄰菴 新緑ライトアップ2017 に行ってきました。
無鄰菴 は、明治の元老(有名な政治の役職ですね。皇室から特別の待遇を賜り、国家の大事につき御下問を受けた政治家)山県有朋(やまがた ありとも)が京都に造営した別荘です。その名は,有朋が長州(山口県)に建てた草庵が隣家のない閑静な場所であったことから名付けられたそうです。
庭の世界では、この無鄰菴以前と以後で大きく違うというぐらい、革新的なお庭だそう。

このお庭がつくられたころは、日清戦争を挟んでの頃ということで、日本の激動期でもあったとのこと。
そう思うとそのころに庭づくりの天才ともいわれている山県さんは忙しい日々の中、この庭づくりに何をみたのだろうという想いにかられますね。

今回の無鄰菴 新緑ライトアップ2017では、特に計算しくつされた、かつクリエイティブなライトアップ。力強く浮き上がった「緑」にしばし見とれました。NARU2017 (6 - 10).jpg

時折、目に入る「赤」は庭師の方に伺うと、食粒の中のアントシアニンが出ているそうで、緑との対比が本当に美しい光景となっています。
とにかく、この緑をベースにみると目に飛び込むどんな色も 際立って目に残りますね!

無鄰菴 新緑ライトアップ2017は5月7日まで
詳しくはこちら
http://murin-an.jp/news/20170428/
今回テンプラTVの方とご一緒したのですが映像は、まもなくテンプラTVにてご覧いただけます。
ぜひお楽しみください。
http://tempura.tv/NARU2017 (8 - 10).jpg



posted by 京都ブロードタワー本部 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | たわわちゃん番記者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

【速報】ひこにゃん、たわわちゃん 京都タワーにて10年ぶりに再会!!

M1NK8547.jpg

M1NK8501.jpg

M1NK8510.jpg

平成29年3月18日(土)から12月10日(日)まで彦根城一帯で開催される「国宝・彦根城築城410年祭」
http://hikone-410th.com/


このイベントのPRでひこにゃん!が京都タワーに上りにきたんですね!
実に二人が京都タワーで会うのは10年ぶり!です。


10年前の初対面映像


M1NK8558.jpg

M1NK8525.jpg

彦根で会う約束をした二人、否 ふたキャラでした。


posted by 京都ブロードタワー本部 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | たわわちゃん番記者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

現代チベット仏教を知る 2017年1月22日(日)京都しんらん交流館でのイベントのお知らせ

もう2017年なんですね!

イベント情報です。京都タワーからも近い

東本願寺 しんらん交流館

でのイベント情報(無料講演会イベント)のお知らせ
です。京都タワーからも近いので、是非!

以下のサイトから申し込みできるそうです。

15326116_1214941535261523_859086370612746911_o.jpg


「現代チベット仏教を知る」公開講演会開催のご案内
 中国・四川省カンゼチベット族自治州にあるチベット仏教ニンマ派最大級の僧院「ラルン五明仏学院(ラルン・ガル・ゴンパ)=5000人以上の僧侶が住む町」の副学院長、ケンポ・ツルティム・ロドゥ師を迎えての公開講演会「現代チベット仏教を知る」を、「大谷ホール(しんらん交流館2F、京都市下京区東本願寺北側)」で開催します。
 今回、東京大学の招聘委員会(代表・蓑輪顕量先生)の招待で初来日されるケンポ・ツルティム・ロドゥ師は、東京大学や京都大学等で学術講演をする予定ですが、その市民向け講座を京都仏教文化フォーラムの主催で、以下の要領で開催します。
 通訳付き講演2時間の後、チベット仏教の読経や瞑想についての実践的な紹介を1時間する予定です。
 なかなか実現しなかった希少な機会で、参加費無料(但し事前予約)ですので、興味のある方は是非ご参加ください。

[概要は以下の通り]
■「現代チベット仏教を知る」公開講演会
●日時=2017年1月22日(日)13:30〜16:30[会場:13:00]
●会場=京都・大谷ホール(しんらん交流館2F)
   (京都市下京区烏丸通七条上る、東本願寺北側)
●講師=ケンポ・ツルティム・ロドゥ師(ラルン五明仏学院副学院長)
●通訳=井内真帆・神戸市外国語大学客員研究員
●司会進行=真宗佛光寺派大行寺住職:英月 師
●定員=150人(途中で締切る場合があります)
●参加費=無料

posted by 京都ブロードタワー本部 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | たわわちゃん番記者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

たわわちゃん!誕生日前に京都水族館にいってきました。

tawawa2016_0528_B (1 - 17).jpg
今日は、京都タワーのご近所の「京都水族館」にやってきました。
あたらしく、「京の海」というコーナーができたので、見にきたのです。

tawawa2016_0528_B (2 - 17).jpg
たくさん、友達と会えたよ!

tawawa2016_0528_B (4 - 17).jpg
京都タワーのスタッフのみんなも、いろんなイベントをお伝えしたりしながら、
がんばってくれました。

tawawa2016_0528_B (3 - 17).jpg
誕生日おめでとう!ありがとう!
そう、6月1日が誕生日なんです!

tawawa2016_0528_B (7 - 17).jpgtawawa2016_0528_B (5 - 17).jpg
たくさんの友達が来てくれて、写真を撮ったよ。
みんな順番を守ってくれてありがとう!

tawawa2016_0528_B (6 - 17).jpg
中には、京都タワーで販売している、
「ミニたわわ」をもってくれている友達もいたよ。
大事にしてくれてありがとう!

tawawa2016_0528_B (9 - 17).jpg
京の海も一緒にみようね!

tawawa2016_0528_B (11 - 17).jpg

tawawa2016_0528_B (10 - 17).jpg
京の海のまわりにも、お友達が多かったよ。
みんな楽しそう!

tawawa2016_0528_B (13 - 17).jpgtawawa2016_0528_B (14 - 17).jpg
たわわちゃんも満喫!

tawawa2016_0528_B (15 - 17).jpg
おおきな!ダイオウイカも!

tawawa2016_0528_B (17 - 17).jpg
はい、たわわちゃん、「絵本」あるよ!

tawawa2016_0528_B (16 - 17).jpg
「どれどれ」と意外に読書家、たわわちゃん。
他にも、楽しい絵本がたくさん!みんなも楽しんでね。

tawawa2016_0528_B (12 - 17).jpg

みなさんも、是非 京都水族館 京の海へ
京都タワーと一緒にみれる セット入場券がお得です。
https://www.kyoto-tower.co.jp/event/2016/02/post-5.html

■お得な京都タワー・京都水族館セット入場券 販売中!!
京都観光の新定番、「京都タワー」と「京都水族館」の両方を楽しめて、
通常よりも320円もお得なチケットです。
京都へお越しの際はぜひご利用ください。
【販売期間】2016年2月1日(月)〜2016年7月31日(日)
【有効期限】2016年2月1日(月)〜2016年9月30日(金)
【販売場所】京都タワー1階展望券売り場または11階改札
<京都水族館チケットカウンター>
【 料金 】お1人様 2,500円(大人のみ)
※ご入場は、各施設とも当日1回限り有効。
※京都タワー展望への再入場は出来ません。

京都水族館
http://www.kyoto-aquarium.com/
●営業時間 【通常】10時〜18時

【延長営業のお知らせ】
6月18日〜6月26日の期間は「ほたるの夜」開催のため営業時間を
10時〜20時に延長します。

【夏休み】(2016年)
7月23日〜8月12日、8月16日〜31日
10時〜20時
8月13日〜15日
8時30分〜21時



posted by 京都ブロードタワー本部 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | たわわちゃん番記者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

FASHION CANTATA from KYOTO 2016

京都タワー近く、「京都劇場」で行われた
今年のファッションカンタータのテーマはKinema(キネマ)
Kinema(キネマ)とは、キネマトグラフという活動写真や映画を意味する言葉の略称のこと。
2016年は1896年に日本(神戸)にはじめてアメリカからのキネトスコープが上映されてから120年、そして京都映画の巨匠、溝口健二の没後60年の年。
華やかなりし過ぎ去った日を回想しながら、人間が生み出した素晴らしい映画という芸術からインスパイアを受けたファッションショーが、今回のコンセプト。
色、音、演出、そしてもちろん主役の「洋装、和装」が一体となったファッションショーは他に類をみないもの。記憶と感覚にのこるファッションイベントでした。

FASHION_CANTATA2016 (36 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (94 - 107).jpg

KEITA MARUYAMA デザイナー 丸山敬太
文化服装学院卒業。東京、パリ、香港、シンガポールなど、世界の部隊でコレクションを発表。
「晴れの日に着る服・心を満たす服」をコンセプトに、繊細な手仕事と大胆な色使いのフェミニンで
エイジレスなデザインは、KEITA MARUYAMA の考える新たなモードエレガントを提案している。
近年では、JALの制服を手掛け、2014年には、ブランド20周年を迎えた。
http://www.keitamaruyama.com/


FASHION_CANTATA2016 (39 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (34 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (16 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (25 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (26 - 107).jpg

和装:京都コレクション協議会
平安の時代から受け継がれてきた、京きものに新しいイメージを吹き込み、京都の染織とファッションを広くアピールすることを目的に創設。
染や織の作家と京都在住の有志たちを中心に、積極的な活動、斬新でアクティブな“和”のファッションを提案、発表し続けている。
丹下雄介(蝋纈染)
藤井裕也(絞り工芸)
西田裕子(和染紅型)
羽田登喜(手描き友禅)

FASHION_CANTATA2016 (70 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (69 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (66 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (8 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (85 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (76 - 107).jpg



プレビュー後の記者会見
FASHION_CANTATA2016 (96 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016_2 (3 - 9).jpg
ファッションカンタータ開催委員会 会長 吉田忠嗣

FASHION_CANTATA2016 (93 - 107).jpg
京都コレクション協議会 代表 羽田登

FASHION_CANTATA2016_2 (5 - 9).jpg
監督・演出 石橋義正

FASHION_CANTATA2016_2 (6 - 9).jpg
ゲストモデル 安田美沙子

FASHION_CANTATA2016 (86 - 107).jpg
ゲストモデル 松島花

FASHION_CANTATA2016 (89 - 107).jpg
ゲストモデル 田村幸士

FASHION_CANTATA2016 (88 - 107).jpg
ゲストモデル 渡辺大

FASHION_CANTATA2016_2 (7 - 9).jpg
アーティスト 野宮真貴

FASHION_CANTATA2016 (91 - 107).jpg
音楽 沖野修也



主催 ファッションカンタータ開催委員会、京都商工会議所
共催 京都府、京都市
後援 近畿経済産業局
制作協力 MBS
ヘア&メーク協力 SHISEIDO
提供 西日本旅客鉄道株式会社
京都駅ビルグループ(ジェイアール京都伊勢丹、ホテルグランヴィア京都、京都駅ビル専門店街ザ・キューブ、京都駅前地下街ポルタ、京都駅ビル開発)

【ファッションカンタータ開催委員会について】
同委員会は、京都を代表する伝統文化である服飾文化産業の振興を目的に、平成4年1月に設立しました。[構成団体]以下14団体(順不同)

京都商工会議所京友禅協同組合連合会京都プリント振興協会(公財)京都和装産業振興財団西陣織物産地問屋協同組合和装学院振興協議会京都織物卸商業組合京染卸商業組合京都服飾デザイナー協会西陣織工業組合京都染呉服振興会(一社)NDK日本デザイン文化協会京都丹後織物工業組合ファッション京都推進協議会

http://www.fashion-cantata.jp/


posted by 京都ブロードタワー本部 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする