2016年05月22日

FASHION CANTATA from KYOTO 2016

京都タワー近く、「京都劇場」で行われた
今年のファッションカンタータのテーマはKinema(キネマ)
Kinema(キネマ)とは、キネマトグラフという活動写真や映画を意味する言葉の略称のこと。
2016年は1896年に日本(神戸)にはじめてアメリカからのキネトスコープが上映されてから120年、そして京都映画の巨匠、溝口健二の没後60年の年。
華やかなりし過ぎ去った日を回想しながら、人間が生み出した素晴らしい映画という芸術からインスパイアを受けたファッションショーが、今回のコンセプト。
色、音、演出、そしてもちろん主役の「洋装、和装」が一体となったファッションショーは他に類をみないもの。記憶と感覚にのこるファッションイベントでした。

FASHION_CANTATA2016 (36 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (94 - 107).jpg

KEITA MARUYAMA デザイナー 丸山敬太
文化服装学院卒業。東京、パリ、香港、シンガポールなど、世界の部隊でコレクションを発表。
「晴れの日に着る服・心を満たす服」をコンセプトに、繊細な手仕事と大胆な色使いのフェミニンで
エイジレスなデザインは、KEITA MARUYAMA の考える新たなモードエレガントを提案している。
近年では、JALの制服を手掛け、2014年には、ブランド20周年を迎えた。
http://www.keitamaruyama.com/


FASHION_CANTATA2016 (39 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (34 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (16 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (25 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (26 - 107).jpg

和装:京都コレクション協議会
平安の時代から受け継がれてきた、京きものに新しいイメージを吹き込み、京都の染織とファッションを広くアピールすることを目的に創設。
染や織の作家と京都在住の有志たちを中心に、積極的な活動、斬新でアクティブな“和”のファッションを提案、発表し続けている。
丹下雄介(蝋纈染)
藤井裕也(絞り工芸)
西田裕子(和染紅型)
羽田登喜(手描き友禅)

FASHION_CANTATA2016 (70 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (69 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (66 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (8 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (85 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016 (76 - 107).jpg



プレビュー後の記者会見
FASHION_CANTATA2016 (96 - 107).jpg

FASHION_CANTATA2016_2 (3 - 9).jpg
ファッションカンタータ開催委員会 会長 吉田忠嗣

FASHION_CANTATA2016 (93 - 107).jpg
京都コレクション協議会 代表 羽田登

FASHION_CANTATA2016_2 (5 - 9).jpg
監督・演出 石橋義正

FASHION_CANTATA2016_2 (6 - 9).jpg
ゲストモデル 安田美沙子

FASHION_CANTATA2016 (86 - 107).jpg
ゲストモデル 松島花

FASHION_CANTATA2016 (89 - 107).jpg
ゲストモデル 田村幸士

FASHION_CANTATA2016 (88 - 107).jpg
ゲストモデル 渡辺大

FASHION_CANTATA2016_2 (7 - 9).jpg
アーティスト 野宮真貴

FASHION_CANTATA2016 (91 - 107).jpg
音楽 沖野修也



主催 ファッションカンタータ開催委員会、京都商工会議所
共催 京都府、京都市
後援 近畿経済産業局
制作協力 MBS
ヘア&メーク協力 SHISEIDO
提供 西日本旅客鉄道株式会社
京都駅ビルグループ(ジェイアール京都伊勢丹、ホテルグランヴィア京都、京都駅ビル専門店街ザ・キューブ、京都駅前地下街ポルタ、京都駅ビル開発)

【ファッションカンタータ開催委員会について】
同委員会は、京都を代表する伝統文化である服飾文化産業の振興を目的に、平成4年1月に設立しました。[構成団体]以下14団体(順不同)

京都商工会議所京友禅協同組合連合会京都プリント振興協会(公財)京都和装産業振興財団西陣織物産地問屋協同組合和装学院振興協議会京都織物卸商業組合京染卸商業組合京都服飾デザイナー協会西陣織工業組合京都染呉服振興会(一社)NDK日本デザイン文化協会京都丹後織物工業組合ファッション京都推進協議会

http://www.fashion-cantata.jp/


posted by 京都ブロードタワー本部 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

イデオン・ナイト



最近は、ガンダム芸人なども定着してきていますが
クリエイターの中には、「イデオンこそベスト」という人が
多いはず。
と思って、先日
ぺちゃくちゃナイトのメンバーに話すと
やっぱりそうでした。

ちかじか実現するかもしれません。イデオンナイト。

イデオンが好きだったという人はぜひ
連絡ください。

mkjafeth@gmail.com







posted by 京都ブロードタワー本部 at 01:27| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

ハイスクールバンドウォーズ 高校生バンド合戦 みさき秋の陣 レポート!

wars.jpg

はい!
行ってまいりました。ハイスクールバンドウォーズ。
10月から予選を2度行い、勝ち残ったバンド8組による
バトル。優勝者のレポートなど、またきっとみさき公園の
公式サイトなどで発表されると思いますのでお楽しみに。

今回はトロフィーだけパシャリと!

trophi.jpg

band.jpg

でも
ショーの最後にこのバトルの企画者であるも
中飯敬一率いるスペシャルバンドが
高校生を圧倒。
まったくオ・ト・ナ・ゲ・ナ・イ4人でした。

















posted by 京都ブロードタワー本部 at 01:05| 京都 ☁| アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

パリの響き 幻のピアノ エラール


京都ブロードタワーで紹介したびわこホールのコンサートの様子です。
エラールに関しては、フランスのみならず
ピアノの歴史で重要な位置をしめていますが
今は作られていません。

詳しくは、森田ピアノ工房までご連絡ください。
info@morita-piano.com
TEL 075-594-2401

ind_img_05.gifエラールの革命
エラールのダブルエスケープメントアクション
現代グランド・アクションの完成

19世紀年間には、ピアノ工業はめざましい進歩発達をとげ、需要の増大(じゅようのぞうだい)とともに量産(りょうさん)に向かっていきます。また、音量の増大だけでなく、ピアノ奏法(そうほう)の発達にともない、タッチの面でもピアノに対する要求(ようきゅう)は大きくなっていきました。素速い連打(れんだ)やトリルなどの装飾音(そうしょくおん)、速い連続したパッセージの多用(たよう)<ロマン派音楽>が作曲面であらわれるに従(したが)って、ピアノのアクションにも、より敏感(びんかん)なものが要求されるようになりました。この要求に応えて素速い連打を可能にする画期的(かっきてき)な現代グランドアクションがフランスのピエール・エラールによって発明されました<1821 年>。

posted by 京都ブロードタワー本部 at 17:43| 京都 ☀| アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

エラール びわ湖ホールコンサートのお知らせ

Erarlconcert.01-1.PDF


仲良くしていただいている、森田ピアノ工房さんより
コンサートのお知らせが来ました。

みなさんはエラールというピアノを御存じでしょうか。
フランスを代表するピアノで(今は製造されていません)
京都タワーの大先輩エッフェル等のあるパリの、京都市と姉妹都市
パリの空気感を伝える、もっとも適したピアノだと思います。
簡単にいうと、最初のグランドピアノを作ったメーカーですね。
http://www.seibupiano.com/column/column6.html

是非みなさん、びわ湖ホールへ聴きにいきましょう!

エラールピアノ特別コンサート決定!!
ピアノソロ 渡辺 達
平林 紀子(連弾賛助出演)

3月29日(土)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・小ホール
開場13:30 開演14:00
前売り・2500円 当日・2800円
全席自由
モーツァル  ピアノソナタ ハ長調 K545   
四手のためのピアノソナタ ニ長調 K381  他
シューマン  12の連弾曲 作品85        
子供の情景 作品15
チケット発売中
森田ピアノ工房までご連絡ください。
info@morita-piano.com
075-594-2401
posted by 京都ブロードタワー本部 at 17:27| 京都 ☁| Comment(0) | アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする